赤ちゃんへの影響が心配。母乳育児【授乳中】に薬は飲むことができるのか?

休みなしの夜泣き対応や、長時間の授乳、家事に‥お母さんはいつもお疲れのことと思います。

産後しばらくの間は、ちょっとしたことでも体調を崩しやすい時期ですよね。

引き始めの風邪や、軽い頭痛なんかはなるべく休んで治すことができそうですが、風邪をこじらせて高熱が出たり、胃腸風邪になってしまったりすると赤ちゃんや家族に移ってしまうのでは?と心配です。

冬の時期なんかは、どんなに気を付けていてもなってしまいますよね‥。

そして患うとお母さんもとてもしんどいです。

当時、健康自慢の私でしたが、どうしてもお薬に頼りたいときがありました。

上の子ども達が幼稚園に行っていたので、毎日のようにたくさんのおみやげを持って帰って来てくれました(泣)

胃腸風邪をもらったときは気持ち悪さのあまり動けなくなり、水分すら摂れなくなり病院で点滴を受けたり、
胃炎と逆流性食道炎になったときは投薬治療を受けたり‥など。。

授乳中でも体調不良って、待ったなしで訪れます。

授乳中のお薬に関して、今までたくさんのお医者様や薬剤師さんに相談をしましたが、みなさん色々な考えをお持ちだなと感じます。

その中でも安全なお薬ってあります。
そのことについてふれていきたいと思います。

 

飲んだお薬の成分は乳汁に移行するのか?

私の印象ですが、服薬に関してはお医者様の方が慎重な考えをお持ちの方が多いように感じます。

今まで薬局に行くと、もらったお薬と関係ないお薬の質問や、過去によそで聞いた質問を投げかけたりして色々な意見を聞きましたが、授乳中の服薬に関して薬剤師さんが口をそろえておっしゃることが

「お母さんが服用したお薬の成分は母乳中に移行しますが、その量はわずかです。
本当に気を付けないといけないお薬は抗がん剤や、免疫抑制剤と呼ばれる物です。」

お話をまとめると‥

母乳はお母さんの血液から作られますが、母乳が作られる過程で、お薬の成分はその血液より薄くなって赤ちゃんに届きます。

そしてその母乳を口にした赤ちゃんの、体のどこかにお薬が働くにはたくさんの道のりがあるので、実際に体に影響を起こす薬は限られています。

とのことです。

また抗がん剤や免疫抑制剤に関しては、データが少なく、安全性が確認できていないという理由から服薬後の授乳をすすめられないんだそう。

また服薬後の、血中の薬の濃度が一番高くなるのは薬によるものの、1~2時間くらいなので、どうしても気になるのなら、その時間の授乳をさけたらどうでしょう?とのことでした。

なるほど!と納得できました。

風邪のときにいただいたお薬

でも実際、病院を受診する際にお薬を決めて下さるのはお医者様なのでなんとも言えないところなのですが、私が過去に内科でもらったお薬が
漢方薬でした。

ツムラの19番。”小青竜湯(しょうせいりゅうとう)”です。

主に花粉症や鼻炎による鼻水や、痰がともなう咳が出る場合に用いるお薬だそうです。

私風邪で咳がつらく、体がだるいときに出してもらいました。

効果は‥漢方なので即効性がないのか、治るのに1週間くらいかかってしまいました。
でも服用中はいくぶんか体はラクな気がしました。

この小青竜湯は3人目きいちゃんを妊娠中も産婦人科でいただいて服用した記憶があります。

また別の時に出してもらったのが、ツムラの葛根湯(かっこんとう)です。

この時は熱が上がり始め、咳、鼻水の症状がありました。
上の子ども達もどんどん熱が上がっていく状態だったので、そうなる前に「とりあえずお薬を‥」といった状態でした。

”葛根湯は引き始めの風邪に効く”というキャッチフレーズですが、当時の私の症状に合っていたのかまあまあ効いてくれました。

たくさん水分を摂って、たくさん寝たのも良かった点かもしれません。

漢方は症状や体質により処方が異なってくるので、やはりご自身で購入なさる場合は専門家の方に相談して決めた方が良いかもしれません。

頭痛のときのお薬

産後、授乳中の【頭痛】の対処法について の記事でも書いていますが、頭痛時に安全と言われているお薬あります。

3人目きいちゃんのときに薬剤師さんに聞いたのですが、タイレノールのアセトアミノフェンという成分が中枢神経に作用して効果が表れるのですが、この成分は妊娠、授乳中でも安心して服用できるそうです。
世界的にも用いられています。

ただ効き目はやさしめです。胃が荒れにくいのもおすすめポイントでもあります。

私自身、この薬に度々お世話になり、もう少し早く知っていたら良かったなと思いました。

一錠で効きますし、何より空腹でも飲めるのが助かります。

胃の調子が悪いとき

かかりつけの胃腸科があり、授乳中の今でも胃の調子が悪いとたまにそこに行くのですが、そこで出してもらえるのが”ムコスタ”というお薬です。
胃の炎症をおさえて、胃の粘膜の修復をしてくれます。

出典:医療総合QLife

出典: 医療総合QLife

このお薬は風邪で内科を受診するときも風邪薬と一緒に出してもらえたりするのでご存知な方も多いはず。

私のかかりつけの胃腸科では授乳中でも普通に胃薬を出してくれています。

そこのお医者様は「胃薬は授乳中でもそんなに心配しなくても良い。」という考えをお持ちの方で、私も安心してお薬を飲んでいます。
決められた日数飲んで、さっと治すって授乳中ではとても理想的ですよね。

こうやって書いていると、本当に先生によってさまざまだな~と感じます。

やはり専門知識のある方に相談するのが一番ですが、授乳中でも大丈夫なお薬はあるので、授乳をやめずにお薬をさっと服用して
早く元気になってまた育児をしましょう。

授乳をやめていると母乳を再開するときに、復活させるのが大変ですのでご注意を!