~新生児期の【母乳】の悩み~乳首が痛いときは薬を使うべき?その対処法について

授乳を始めて、まずぶち当たる壁。それが乳首の痛み。

出産した次の日にはもう産院では直母指導が始まり、最初こそはさほど泣く体力のない
赤ちゃんも退院して間もなくには、突如 手を付けることのできないほど泣きわめく
休憩知らずの強烈モンスターに変身します。

そして今まで全然使っていない乳首で慣れない頻回授乳。

そりゃあ乳首が悲鳴を上げます。

私も1人目みいちゃんのときこそは乳首の痛みのみで済んでいきましたが、2人目、3人目は切れました。

私の場合、2人目けいくんのときが一番 ”後産”と呼ばれる後陣痛がつらく、授乳時の痛みは
乳首の痛み以上に、乳首を吸われることによる子宮収縮痛がとっても辛かったです。

その後の3人目きいちゃんのときは、もうすでに根っからの頻回授乳体質になっていたので、入院3日目には
乳首のすぐ下の乳輪部分が切れ、それはそれは痛かったです‥。

赤ちゃんっておっぱいの飲み方を教えていないのに、生まれてすぐなんであんなに強く吸えるんだろう。
(飲み方はヘタっぴですが)と生む度に思いますね。

よく授乳による乳首の痛みは一時的。なぁんて言われますがやはり苦痛なく授乳したいものです。

おすすめの乳首痛の対処法に触れていきたいと思います。

 

乳首が切れたときは「乳首保護クリーム+サランラップ」で乗り切る

 

二人目けいくんを出産した時に産院ですすめられたのがメデラ社の”ピュアレーン”という羊毛から抽出された羊毛脂のクリームです。

 

 

羊毛と聞くと「何者!?」と身構えてしまいますが、このクリーム、薄黄色のワセリンをやわらかくしたような物で、乳首に塗ると、唇にリップクリームを塗ったようにうるっと潤います。

授乳をし始めると乳首がずっと刺激されっぱなしで、ブラジャーに授乳パッドをはめていても乳首がこすれて痛かったりしますよね。

それが少しやわらぎます。

授乳が終わった後に、乳首から乳輪の切れているところ、擦れて痛いところにクリームを塗り、その上からサランラップで保護し次の授乳に備えます。

3人目きいちゃんを出産した時はカネソン社の”ランシノー”というクリームを使いました。

このクリームの使用感はピュアレーンよりさらにやわらかいクリームで、若干ですが伸びが良いように感じました。

好みが分かれそうですが効果はそう変わらないように感じました。

3人目きいちゃんの出産は助産院で、「自然出産、自然回復」がテーマの産院で、助産師さんによっては
「乳首が切れたときは母乳を患部に塗ってごらん。」とおっしゃる方がいて驚きました。

母乳の中にはリンパ球などの白血球も含まれているので、ちょっとした傷なら母乳で良くなるそうです。

まさか~と思いながらも退院後に乳首が擦れて痛かったときにクリームがなく、
母乳を塗り、その上からサランラップをしたら驚くことにすぐ良くなりました!

サランラップを使って保湿するというところがミソなのかもしれませんが、とてもお手軽でした。

 

13fb3648b7bbf8e9e3d0b290beaf3af0_s

すぐ授乳したい時には乳頭保護器を使う

 

1人目みいちゃんと2人目けいくんを出産した時に、その産院で使っていたのが乳頭保護器でした。
メデラ社の”コンタクトニップルシールド”です。

 

 

 

透明の薄いシリコンのフィルムのような物で、赤ちゃんの吸い付くところに穴が開いていて
乳首の形に添わせるように貼り付けて使います。

これ驚くほど簡単で赤ちゃんに授乳しても痛くなくて、かなり使えました。
(毎回消毒しなくてはいけないのが面倒ですが‥)

ただ油断すると赤ちゃんが口に含んでいるときは良いのですが、ふとした瞬間に赤ちゃんの口から外れたり、
授乳を終える時は要注意です。

保護器の先に溜まっている母乳がこぼれます‥。

母乳は血液なので、服などに付いたらすぐ水で手洗いしないとシミになり取れません。

こちらは1人目みいちゃんと2人目けいくんの時は退院してからも乳首が丈夫になるまで使いました。

傷があってもさっと授乳できるのでかなり助かりました。

 

日頃からできるかんたん対策。授乳する前に乳首をやわらかくする

 

1人目みいちゃんのときに授乳がへたで、ずっと乳首が痛いままで悩んでおり(乳首が切れることはなくなってきていた)、
思い切って助産師さんに家庭訪問してもらうことにしました。

その時に言われたのが、私は常におっぱいがパンパンに張っている状態で、そのため「乳首から乳輪が硬い。」
とのこと。

「なので赤ちゃんが母乳を飲むとき、乳首に舌をからめづらいから赤ちゃん自身も飲みづらいし、
そのせいでおっぱいの張りもなかなか取れていかない。
だから乳首も硬いままになっているんですよ。」と言われました。

そうなのか‥飲みづらいおっぱいなんだ。

そこで教えてもらったのが”授乳の前の先搾り”です。

常に乳房がカンカンに張っているタイプのお母さん向けなのですが、赤ちゃんが泣き、
これから授乳するときに先にあげる方のおっぱいの乳輪部分を親指、人差し指、中指の3指で
上下に挟み込み、ぎゅっぎゅっとリズムよく数回搾り、乳汁を出す。

そして少し搾ったら、次は左右に挟み込み同じようにまた数回ぎゅっぎゅっと搾る。

硬いうちは少し痛いですが、乳首に溜まっている乳汁が出てやわらかくなると痛みがやわらぎます。

そうやって乳首がやわらかくなってから授乳すると良いと指導を受けました。

それからというもの、授乳の前の先搾りを習慣化したらいつの間にか授乳時の乳首の痛みが消え、
出産から月数も経ち、次第におっぱいの状態も落ち着いて 常に乳首が痛いということがなくなりました。

そうか!そもそも日頃の乳首のケアが大事なんだと実感したのでした。